「梓」:艪を造る材料。
落葉高木。中国原産。日本では古くから植栽され、「キササゲ」と「アズサ」は同一視されている。桐に似て大きな葉を対生または三個輪生する。露の頃、枝の先に円錐花序をつくって淡黄色の花をたくさんつける。材は白色で刻字、下駄等に使用される。梓人とは棟梁を意味し、中国では百木の長とせられている。鎌倉の美術館の中庭で見られるそうです。(引用:木偏百樹)