本牧の元漁師、落合さんにいただきました。艪の受けの部分です。艪が痛まないように、受けの部分が消耗するようになっています。今回の和船の艪は東北地方で使用する「アズサ」という木(重くて沈みます)を使用していますが、かつての東京湾では艪が「シラガシ」、受けは「アカガシ」を使用していたそうです。受けは、自分で削りだして作るのだそうで、落合さんから鉈まで貰ってしまいましたが・・・・。