今はあまり見ることがなくなってしまった二ノ宮くんですが、場所によって背負っている薪の本数が違っているようです。ここでは16本でした。