地元学での調査結果を森・里・川・海で連携しながら自然再生を行う方策として考えられることをまとめています。多分野の人が集まると視点も拡がりがあり、面白くまとまります。