大田区の方も、地元の方も連携してがんばってきたのでしょうね。