塩水楔と一緒に河川を遡上したら、私の周りはコトヒキだらけでした。