盤州里海の会から和船つくりのお祝いに大漁旗を頂きました。
恩返しがしたくて、のりひびの撤去作業のお手伝いに行ってきました。
もの好きが4人も集まり、手伝いにいったんだか、邪魔しに行ったんだか、ご迷惑をかけながらも、少しだけ役に立てたかもしれません。
一番楽しかったのは、現地の漁師やおかみさんたちと会話をしながら仕事ができたことです。
写真は、つぼや丸の実形さんと、そのお母さんです。
もう72歳になるそうですが、若くて元気のいいこと。
船外機船を操船している姿がなんとも言えずかっこ良かったです。
お父さんも素敵な方で、あまり話はしないのですが、さりげなく気を廻してくれている姿がかっこよかったです。