2月3日、港陽小学校の児童が見守る中、盤州里海の会の方々や、東京都漁連の協力で第1回の摘み取りが行われました。摘み取った海苔は食品として大丈夫かの検査に廻されます。
ちょっぴりつまみましたが、やわらかく口の中で溶けるようなうまさです。
3月3日は子供たちが手摘みを行い、海苔すきを行う予定です。