こうしたことができたのも、釜石市の方々の協力があったからです。