赤潮ぎみで透明度が悪かったため、こんな写真ですが、アマモ場のある干潟では、海底から30cmぐらいは透視度も高く、抜けて見えます。ところが魚たちは、その境界面付近をうまく出入りしているので、撮影は難しくなります。しばらく前に神奈川県がマコガレイの池魚を放流しているのですが、見つけ切りませんでした。そのかわり、30cmサイズのマコガレイを数枚、見かけました。成長しているんですね。