15年度播種区画のアマモ場周辺も新たな発芽でいっぱいです。このまま保全されれば、大きな群落になっていくことが期待できます。