16年度播種アマモの区画の間も発芽が多数ありますので、来年以降、隙間が埋まってしまうと思われます。