ガチャピンの移植区画。来年あたりは、この看板もアマモの中に埋もれてしまうのではないでしょうか。