砂分が多いところ、砂泥のところと様々でした。