生きているカレイも干潟には多いですが、最近の赤潮以降、死骸が打ちあがっていることも少なくありません。