umibay.cocolog-nifty.com > フロリダの海辺

Restration_project

Restration_project

タンパ港(アメリカで7番目の商業港)内に流れ込む川の河口です。
写真右手の低水緑地が修復事業が行われた場所です。
周辺が自然豊かだと地形改変だけで復元が進みます。


Photo

Photo

エバーグレイズ国立公園内の貸しボートです。


Photo_1

Photo_1

貸しボートの脇にワニがいます。安全は自己責任なんですね。


Photo

Photo

海の中に海草の保護看板が立っていました。
アメリカでは大概の看板に銃弾の穴があいています。
海草のために船のほうが遠慮するんですね。


File0001

File0001

リストレーションプログラムの工事中箇所です。干満の範囲を重要視していますが、けっこうおおざっぱにやっているようです。


File0002

File0002

ダブルビックマック。ビックマックに肉が4枚でした。何が常識なのか、決めつけて考えてはいけないということですね。


File0003

File0003

グラスボート。何でもかんでもイエローテールフィッシュだのレッドスナッパーだのって、魚の名前の付け方に愛情が感じられません。


File0004

File0004

カナダの上空。緑の大地に河川がうねうねと・・・。こういう景観ってなかなか見られません。


File0005

File0005

マイアミビーチのサンドデューンの上を歩かせないようにするためのボードウォーク。


File0006

File0006

サンドデューンの上を歩かないでビーチに出るためにもボードウォークが渡されています。


File0007

File0007

海岸の植生帯には保護のため立ち入ってはいけないことになっています。


File0008

File0008

看板への落書きは日本でも見ますが、桁が違っているようです。


File0009

File0009

ビーチの背後の家との関係。サンドデューンでの防護だけですませているようです。


File0010

File0010

リストレーションプログラムの看板


File0011

File0011

自然保護区の看板。予定地の段階でこういう看板を立てるだけでも効果が期待できます。


File0012

File0012

バリアアイランド。超巨大な離岸提とは言いすぎでしょうか?もっとも自然保護優先になっている島もあり、人間を立ち退かせると言う場合もあるようです。


File0013

File0013

リストレーションプログラム実施区域は人間が歩く範囲は全てボードウォークの上のみです。