« 祇園船 | トップページ | 三国の生態系保全調査 »

2012年7月25日 (水)

富岡八幡の祇園舟(アマモの神事)

富岡八幡で祇園舟の神事がありました。神事の前に、祇園舟の漕ぎ手が海中からアマモを刈り取り、神社へ供えることで禊を行うのですが、長い年月、そのアマモが減少してしまったことで探すのに、苦労してきたのだそうです。金沢湾でアマモ場の再生が行われるようになり、その面積を拡大してきたことから、金沢湾から採取したアマモを使用できるようになりました。本当は、富岡八幡の前の船たまりに、アマモ場を作れると良いのですが、環境条件が厳しくなかなか難しい状況です。しかし、やがてそこにもアマモ場が再生できると良いと考えています。伊勢二見の神社のアマモの神事が有名ですが、横浜でも瀬戸神社や富岡八幡とアマモの神事があり、アマモがより生活に密着していたということがよくわかりますね。

P1040147a

|

« 祇園船 | トップページ | 三国の生態系保全調査 »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富岡八幡の祇園舟(アマモの神事):

« 祇園船 | トップページ | 三国の生態系保全調査 »