« 漂流ゴミ | トップページ | 本の紹介 »

2011年12月22日 (木)

シンポジウムのご紹介

**********************************

 第12回東京湾シンポジウム・第6回を海の再生全国会議

 開催日:平成24116日(月)9:00-16:30

 開催場所:パシフィコ横浜 会議センター 3

 (http://http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

 アクセス:みなとみらい線・みなとみらい駅より徒歩3分 

 参加費:事前登録制・無料(会場定員300名)

 登録サイト:http://www.meic.go.jp/tokyo2012/

**********************************

              趣旨

 東京湾の汚染メカニズムの理解や多様な主体の連携を実現するために平成20

度から実施されている東京湾水質一斉調査は、本年で4年目を迎えます。多くの

参加者により盛況に実施されている一方で、汚染メカニズムの解明に向けた努力

の推進、より多くの方々の主体的な参加を促す働きかけなどが必要ではないかと

考えられています。

 そこで、午前のシンポジウムでは、一斉調査関係者による東京湾水質一斉調査

のワークショップを公開で実施いたします。調査の目的の柱である「汚染メカニ

ズム」について、陸と海をつなぐ河口域・浅瀬に着目し、様々な切り口で現象解

明に迫るとともに、東京湾をより深く知り、理解し、行動につなげるための今後

の進展に向けた具体的提案の検討を行います。

 午後から開催される全国会議では、『陸域~海域を統合的に考える海の再生を

目指して』のテーマを設定し、海域から陸域まで広域的に捉えた情報(話題)を

共有します。

               プログラム

12回 東京湾シンポジウム 9:00-12:05

   (平成23年度 第2回東京湾水質一斉調査ワークショップ)

 開会挨拶・趣旨説明・データ紹介

 ワークショップI部「東京湾の陸と海をつなぐ河口域・浅瀬」

  話題提供:国総研・東京都・東京工業大学・沿岸生態系リサーチセンター

       ・東京大学

 ワークショップII部「東京湾における調査の発展に向けて」

  話題提供:中央水産研究所・東邦大学・千葉県水産総合研究センター

       ・環境省/国総研・賢い干潟チーム

 閉会挨拶

6回 海の再生全国会議 1205-13:00

 開会挨拶

 基調講演 「持続性流域圏構築を支える自然共生アセスメント手法」

                    名古屋大学/辻本哲郎教授

 話題提供:

   東京湾再生推進会議モニタリング分科会事務局

  パナソニック エコリレー ジャパン

  三重県水産研究所水圏環境研究課

  特定非営利活動法人瀬戸内里海振興会

  国土技術政策総合研究所

 総括質疑:

|

« 漂流ゴミ | トップページ | 本の紹介 »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウムのご紹介:

« 漂流ゴミ | トップページ | 本の紹介 »