« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

瀬戸神社に試験播種したアマモ

瀬戸神社の琵琶島弁天前に播種したアマモ。無事に発芽が始まったようです。今日の横浜港内は透明度も良く、海の公園のアマモがきれいでした。今年の潜り納めもやはりアマモでした。来年もアマモから始まりそうです。

Img_3588 Img_3591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

オイスターバー

たいへんだなあ、オイスターバーも。

Ca3i0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海辺つくり研究会の林先生

林先生も参加している理科年表づくり。改めて、すごいなあと思います。

Ca3i0016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のクリスマス

クリスマスは七面鳥ではなく、トラフグでしょ!最高に旨かった!こういう魚を食べる時はボディーのしっかりした日本酒がいいですね。

Ca3i0007 Ca3i0010 Ca3i0011 Ca3i0012 Ca3i0015 Ca3i0013 Ca3i0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初パック

多様生物化粧品が流行ってますね。ナマコの化粧水、試してみてって言っても誰も試してくれる女子が身の回りにいないので、自分で試してみました。良かったのか、悪かったのか?ほっぺたがつるつるになったような・・・・・・気もするのですが。

Ca3i0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の紹介

みなさま

 本の紹介です。

1.東京海洋大学の河野先生のグループが作った東京湾の魚の本

  コラムが乗っていてなかなか面白く読めます。最近話題のスジハゼのA,B,Cも乗ってます。自分では見たことがあるけど乗っていない魚を探すのも面白いかもしれませんね。海をつくる会所属の尾島さん夫妻のコラムも載っています。

2.干潟の本

  全国の干潟を特長が分かるように載せていますので、知らない干潟を比較して見るのも面白いかもしれませんね。個人的には東京湾で野島が乗っていないのが不満ではあるのですが。

3.小林安雅さんの磯の生き物図鑑

 小林さんとは昔一緒に仕事をしたことがありますが、図鑑も最近の海辺でのアクイティビティーに対応できるゆな状況で使いやすいようにどんどん進化しているのが分かります。なかなかいいです。特に、危険生物は中途半端でいろいろに網羅されていないものが多く不満だったのですが、これはほぼ網羅できているのではないでしょうか。なるほど、これも危険生物の扱いにするのかというものもありましたが。

今、書店で並んでますので、よろしかったらどうぞ。

Dscf1680_2 Dscf1681_2 Dscf1682_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東神奈川の海

東神奈川の国土交通省の施設にできている人工干潟。モニタリングを継続させていただいています。冬になって魚の数は減ってきていますが、いつも面白い発見があります。

Img_3551 Img_3560 Img_3540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌタウナギ

最近、東京湾で増えてきているらしいですね。底引きの漁師にとっては迷惑なんだろうなあ。多様生物化粧品がはやっているようですが、こんなの使ったら窒息しちゃいますね。

Dscf1678

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜の富岡八幡でアマモの試験移植

横浜の富岡八幡では、7月に行われる祇園舟の祭礼に併せ、アマモの神事が行われています。もう800年も続いているそうですが、近年、使用するアマモが無くなり、入手するのにたいへんな状況のようです。近場でアマモ場を再生できないか、試験的に移植することにしました。

Img_3570 Img_3573 Img_3583

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマモメッセンジャーの政策提言

東京湾でアマモ場再生をやっている子どもたちが国土交通省に政策提言に行ってきました。東京湾、みんなのちからで良くしていきたいですね。

Dscf1671

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉里吉里から

復興計画づくりのお手伝いで行った吉里吉里からはがきをいただきました。

20111226092246345_0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釜石から

釜石湾東部漁協の方の奥様から御手紙を頂きました。少しずつ、前に進んでいるようです。頑張ってほしいです。

20111226092246345_0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の紹介

みなさま

 本の紹介です。

1.東京海洋大学の河野先生のグループが作った東京湾の魚の本

  コラムが乗っていてなかなか面白く読めます。最近話題のスジハゼのA,B,Cも乗ってます。自分では見たことがあるけど乗っていない魚を探すのも面白いかもしれませんね。海をつくる会所属の尾島さん夫妻のコラムも載っています。

2.干潟の本

  全国の干潟を特長が分かるように載せていますので、知らない干潟を比較して見るのも面白いかもしれませんね。個人的には東京湾で野島が乗っていないのが不満ではあるのですが。

3.小林安雅さんの磯の生き物図鑑

 小林さんとは昔一緒に仕事をしたことがありますが、図鑑も最近の海辺でのアクイティビティーに対応できるゆな状況で使いやすいようにどんどん進化しているのが分かります。なかなかいいです。特に、危険生物は中途半端でいろいろに網羅されていないものが多く不満だったのですが、これはほぼ網羅できているのではないでしょうか。なるほど、これも危険生物の扱いにするのかというものもありましたが。

今、書店で並んでますので、よろしかったらどうぞ。

Dscf1680 Dscf1681 Dscf1682

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

シンポジウムのご紹介

**********************************

 第12回東京湾シンポジウム・第6回を海の再生全国会議

 開催日:平成24116日(月)9:00-16:30

 開催場所:パシフィコ横浜 会議センター 3

 (http://http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

 アクセス:みなとみらい線・みなとみらい駅より徒歩3分 

 参加費:事前登録制・無料(会場定員300名)

 登録サイト:http://www.meic.go.jp/tokyo2012/

**********************************

              趣旨

 東京湾の汚染メカニズムの理解や多様な主体の連携を実現するために平成20

度から実施されている東京湾水質一斉調査は、本年で4年目を迎えます。多くの

参加者により盛況に実施されている一方で、汚染メカニズムの解明に向けた努力

の推進、より多くの方々の主体的な参加を促す働きかけなどが必要ではないかと

考えられています。

 そこで、午前のシンポジウムでは、一斉調査関係者による東京湾水質一斉調査

のワークショップを公開で実施いたします。調査の目的の柱である「汚染メカニ

ズム」について、陸と海をつなぐ河口域・浅瀬に着目し、様々な切り口で現象解

明に迫るとともに、東京湾をより深く知り、理解し、行動につなげるための今後

の進展に向けた具体的提案の検討を行います。

 午後から開催される全国会議では、『陸域~海域を統合的に考える海の再生を

目指して』のテーマを設定し、海域から陸域まで広域的に捉えた情報(話題)を

共有します。

               プログラム

12回 東京湾シンポジウム 9:00-12:05

   (平成23年度 第2回東京湾水質一斉調査ワークショップ)

 開会挨拶・趣旨説明・データ紹介

 ワークショップI部「東京湾の陸と海をつなぐ河口域・浅瀬」

  話題提供:国総研・東京都・東京工業大学・沿岸生態系リサーチセンター

       ・東京大学

 ワークショップII部「東京湾における調査の発展に向けて」

  話題提供:中央水産研究所・東邦大学・千葉県水産総合研究センター

       ・環境省/国総研・賢い干潟チーム

 閉会挨拶

6回 海の再生全国会議 1205-13:00

 開会挨拶

 基調講演 「持続性流域圏構築を支える自然共生アセスメント手法」

                    名古屋大学/辻本哲郎教授

 話題提供:

   東京湾再生推進会議モニタリング分科会事務局

  パナソニック エコリレー ジャパン

  三重県水産研究所水圏環境研究課

  特定非営利活動法人瀬戸内里海振興会

  国土技術政策総合研究所

 総括質疑:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

漂流ゴミ

三陸からのゴミが日付変更線を越したそうですね。もうすぐミッドウェーですね。どうするんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釜石市からの御礼状

釜石市の支援でご協力いただいた皆様

 横浜では東京湾を少しでも美しく豊かな海にしていこうと夢ワカメワークショップを開催してきましたが、開催にあたっては以前から釜石湾漁協に多大な御世話になってきました。今回の被災に対して夢ワカメ参加協力団体や参加者の皆さまにご協力いただきながら、釜石市の支援をさまざまな形でやってきました。

 このたび、釜石市役所から御礼状が届きましたので、共有させていただきたいと思います。復興はまだ始まったばかりですが、これからも折に触れ、支援を続けていきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

20111220105127403_0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

生物多様性化粧品

よく見たら多様生物化粧品だった(笑)

Ca3i0037 Ca3i0038 Ca3i0039 Ca3i0040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次回は

次回はチキンラーメンに挑戦したいなあ。時代は、今、何でも体験ですね。

Ca3i0008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイカップヌードル

最近、注目の日清の博物館。連れて行けと言われることが多い。そんな訳で、行ってみた。マイチキンラーメンはネットで予約しないとできないらしい。が、マイカップヌードルは朝から並んだらやることができた。カップに絵を描き、味を普通か、カレーか塩かから選び、具材も4種類選べる。とりあえず、塩味で、エビとカニカマとひよこちゃんのなるととネギを選んでみたが、私の前の人は、ねぎのみ大盛りと言っていた。こういう人好きだなあ。で、できたのがこれ!また行きたくなるなあ。

Dscf1617

ついつい御土産も買ってしまった。

Dscf1619 Dscf1621

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸めし

最近、とある理由で江戸前の魚に関わることが多くなってきた。たまにはと思って、書店で探してみたら面白い本があった。江戸めしって奥が深い。しかも旨そう。何で伝わらなかったんだろう?さっそく、やってみようと思った。

Dscf1623

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たてやま海辺の鑑定団

館山の海岸で遊ぶのにいい本ができました。たてやま海辺の鑑定団が作った本です。1冊600円でお手頃だし、館山の海岸を歩く時に、ぜひ、持って歩きたい本です。

Dscf1622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

体験底引き網

金田漁協で体験底引き網に参加してきました。寒い・・・・。暖かい汁ものが食べたい。でも、上がってくる魚が面白い!

Dscf1611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国土交通分野における地域の生物多様性保全活動の促進に関する地方セミナー

ずいぶんと長い名前ですが、お台場でセミナーがありました。来年、その促進法が施行になるので、その内容や進め方に関するセミナーです。なかなか、面白い講師陣で、聞いていても面白かったです。特に、農大の進士先生。やはり哲学のある人の話は面白いです。

今回はお台場で開催しましたので、お台場での活動の様子も紹介されました。

Dscf1599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼津深海水族館

現地のタクシーの運転手は、乗客にシーラカンスが泳いでいると宣伝してしまっていたらしいですが・・・・。それより深海魚って、もっと食べてみたいですね。興味のあるかたは一度どうぞ。個人的には、どうだ珍しいだろうという水族館は、もう終わりのような気がするのですが。

Dscf1445 Dscf1455 Dscf1463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒田港藻場研究会

酒田で、藻場の研究会がありました。頑張ってほしいですね。

Dscf1562

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

横浜港内某所

そろそろ、こいつらが産卵の季節ですね。

Dsc00237

という季節なのに、まだこんな物が元気で泳いでます。

Dsc00260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

ワカメの歌(笑)

ワカメショーと源川“歌のお兄さん”ミニコンサート現地収録版を

Utubeにアップしました。

ぜひご覧ください。

ワカメどりいむ

http://www.youtube.com/watch?v=yl7wPkiQUYs

チャーミーけいと

http://www.youtube.com/watch?v=PXIAXFse9Ro

ワカメショー

http://youtu.be/q2wtPczLydg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »