« 横浜のアマモ | トップページ | 横浜康継先生の本 »

2011年5月24日 (火)

アマモの花枝採取

Imgp0379 Imgp0377 Imgp0375 Imgp0416 Imgp0420 Imgp0412 Imgp0413 Imgp0409 Imgp0399 Imgp0390 Imgp0388 Imgp0387 Imgp0391

5月21日には金沢八景-東京湾アマモ場再生会議、5月22日には横浜南央ロータリークラブの方々で、走水の伊勢町海岸でアマモの花枝採取を行いました。今年は水温が低い時期が続いたためか、例年よりは種子が結実するのが遅れているようです。このため、今回は多くの花枝を採取することができませんでした。おそらくは6月中旬ごろがピークになるのではないかと思われます。昨年は、9月の猛暑とそれにともなうアオサの大発生により横浜の多くのアマモがダメージを受けました。だいぶ回復してきてはいるのですが、それでも、もとの状況に戻すには、人間が少しお手伝いしなければなりません。5月29日横須賀ライオンズクラブの皆さんと、6月4日セブンアイホールディングスの皆さんの残り2回ほど花枝採取を行う予定ですが、ここで頑張らないと秋に播く種子と来年に 移植する栄養株を育てることができません。もしかしたら、予定にはありませんが6月11日・12日にも採取する必要が出るかもしれません。海の中は小さな生物がいっぱいで採取をしながらも、生き物観察をして楽しむことができます。皆さんも一度参加してみませんか?

|

« 横浜のアマモ | トップページ | 横浜康継先生の本 »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマモの花枝採取:

« 横浜のアマモ | トップページ | 横浜康継先生の本 »