« 養殖マダイは手からスイカを食べるか? | トップページ | くば笠 »

2010年8月 3日 (火)

小網代でアカテガニの放仔観察会

大地の会のみなさんにお供して、観察会に行ってきました。協議会のみなさんのシステマティックな対応にも感動しました。でも、少し参加者に対して高圧的だったかなあ、まあ自然を守るんですからやってはいけないことはあるんですが、もう少し子供にやさしくてもいいかもしれませんね。子供が嫌いになってしまっては意味がないので・・・。協議会のみなさんの気持ちもよく分かりますがね。これから8月末まで見る機会はありますが、見に行かれるみなさんも協議会の決めているルールを守って見ましょうね。

協議会の岸先生から貴重な本を頂きました。ありがとうございました。

潮が悪かったこと、曇りで月が出てなかったこと、参加者が多すぎたことなどもあり少数のカニの観察に留まってしまいましたが、それでも感動的な光景ですよね。

沿岸での基礎生産の話、生産・消費・分解の話、循環や食物連鎖の話、森から海のつながりの話など、こうした場面ではより説明がしやすいと思います。

関東ではここでしか見られないので、大切にするだけでなく、こうした場所増やしたいですよね。

翌日、海で泳ぎましたが、ゾエアだらけでチクチクとたいへんでした。チクチクするのも豊かな海や山の証明でいいことなんですよね(笑)

Img_7000 Img_7016 Img_7020

|

« 養殖マダイは手からスイカを食べるか? | トップページ | くば笠 »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小網代でアカテガニの放仔観察会:

« 養殖マダイは手からスイカを食べるか? | トップページ | くば笠 »