« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

打瀬船廻航記念

なかなかうまい酒が記念でできました。寄付金、会員会費を払うといただけるはずです。(笑)

Img_5722

| | コメント (2) | トラックバック (0)

打瀬船廻航

2日に廻航スタートを控え、さっそくのトラブル。でも頑張りましょうね。打瀬船廻航の様子は随時以下のWEBで公開していきます。お楽しみに・・・。

http://godairikisen.jugem.jp/

Dsc00100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠忠商店

日本橋の老舗佃煮屋の遠忠食品が社名を変え「遠忠商店」として、佃煮などの生産販売をしています。江戸前の佃煮や環境にいい食品などにこだわりながら佃煮の製造販売もしています。このたび、日本橋の水天宮近くにお店をオープンしました。さっそくお邪魔したところ、おいしそうなものばかり、ついつい財布のひもが緩んでしまいました。みなさんにもお勧めです。ぜひ一度言ってみてください。本物の味がお好みの方にうってつけですね。写真には載せきれないのです。残念です。とにかく行ってみてください。

http://enchuu.web.fc2.com/

Img_5703 Img_5704 Img_5705 Img_5706 Img_5707 Img_5709 Img_5720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラフグの逆襲

私が普段お世話になっていおる神奈川県水産技術センターの工藤さん、トラフグの計測中に噛みつかれオオケガをしてしまいました。今、なんとか傷も癒えつつあるようですが、フグには気をつけましょうね。ちなみに、私の三大好物は、①トラフグ、②越前ガニ(アサヒガニが好きなのですが、昨年、おいしいカニを御馳走になってしまったので)、③スッポンです。

Img_5674

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山茂

湘南と言えばシラスですが、先日、お世話になっている山茂にお邪魔してきました。鮮度保持の技術と加工技術に関して最高で、とにかくここのシタスはうまい!横浜市内にも数件のみここのシラスを扱っている呑み屋がありますが、夜になっても変な臭みやぬめりが出ることがありません。ちょくちょく通わせていただいています。昨年行われました海の聞き書き甲子園では、ここを訪れ、山茂の社長(名人)から聞き書きした作品が優秀賞を取りました。とにかく一度召し上がってみてください。

Img_5673 Img_5679 Img_5716

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

TOKIOの新曲発売楽しみですね

鉄腕ダッシュの放送の中で流されているTOKIOの新曲ですが、6月16日に発売になります。
ご紹介させていただきます。ズムサタ放送では私が普段からお世話になっている方々にもご協力いただきました。
お世話になりまして、ありがとうございました。

6月16日CD発売
※初回板1:story ver.&Making
(ここにちょっとだけ出てます。)
※初回板2:various beaches ver.&Making
※通常板:他2曲(DASH村のテーマソングDASH VILLAGEを
含む)

ズムサタの放送予定ですが
今のところ
6月3日(土)長瀬さん@神奈川県横須賀市猿島
6月12日(土)松岡さん@千葉県勝浦市
6月19日(土)国分さん@神奈川県横浜市
6月26日(土)城島さん@岩手県釜石市
7月3日(土)山口さん@静岡県伊東市

7月17日(土)モザイクアート除幕式
※TOKIOのメンバーそれぞれが撮った写真を合わせて
 1つのモザイクアートを完成させます。
 夏の汐留日本テレビのイベントで開催中、展示予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

平潟湾でアマモの移植

横浜で唯一残る自然海岸の野島。その背後地にある平潟湾。ここへ4つの河川が注ぎ込み、いったん集結してから海に水路と運河を通して流れ込みます。鎌倉時代には六浦湊といって、関八州の年貢が船で集められ、朝比奈の切通しを通って鎌倉幕府に納められていました。名勝・金沢八景とも謳われる美しい水辺が江戸時代には観光地としても有名なところでした。伊藤博文の別荘もこれに隣接するように野島にあります。現在では、埋立が進み狭く汚れた湾になってしまいましたが、河口に存在する汽水湖と同じで、生態的には重要な役割を担っていたと思われます。この奥にある瀬戸神社。お祭りの神輿に御神体を移す時に、神輿の担ぎ手が海に入り体を清める際に、アマモを加えて上がり、神輿に供えたという話も残っているようです。環境の悪化と共に、アマモが姿を消し、現在では忘れ去られてしまいましたが、金沢湾にアマモ場が拡がったことから、なんとかそれを復活させようという話も出てきつつあります。いろいろと乗り越えなければいけないことがありそうですが、なんとか復活させたいものです。今年、平潟湾に試験的にアマモの移植を行いました。

Img_5659

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パタゴニア

毎年、アマモの移植などで協力していただいているパタゴニア・横浜ベイサイド店が募集した参加者のみなさんが、野島へ観察にきました。アースデイの一環です。この日は侍従川の水源地から侍従川を徒歩でくだり、最後に野島まで来るというツアーでしたが、海のほうを担当しお話をさせていただきました。小さな子たちも一生懸命歩いて偉かったと思います。環境活動に参加し、環境を良くしていくことに熱心な方々が増えていくことは心強いことですね。あいにくの潮でしたが、小さな子供たちに干潟の生き物と触れ合って貰いたかったですね。

Img_5667_2

Img_5669_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

海の公園でタツノオトシゴ

正式にはサンゴダツでしたが、横浜の海の公園で捕獲されました。キャロさんが動画配信してます。なんともかわいいですよね。

YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=TtAHK29CyMc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

野島でアマモの移植会

今年で9年目のアマモの移植会。ライオンズクラブやロータリークラブの協力も得て、200人以上の移植会参加がありました。毎月やっている引網も並行して行われましたが、魚の量の多いこと。ビックリです!すごかったなあ。

Img_5644 Img_5651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川河口干潟生物調査

今年もSCOP100と名付けた干潟生物調査が開催されました。泥パックで人の三倍以上楽しんだ方もいらっしゃいましたが、筋肉痛になりながらも楽しく調査ができたのではないでしょうか?それにしてもシジミの量がすごいこと。分析結果でみると、頻繁には食べないほうがよさそうという話もあるようなのですが・・・・。調査の一環ではないのですが、他所で採取した方の貝を見たら、今年はついにハマグリも出てしまいました。千葉県側から来たんでしょうかね。

Img_5626 Img_5628 Img_5632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

東神奈川の海

それにしても人工干潟、おそるべしですね。

Img_5605 Img_5606 Img_5607 Img_5608 Img_5609 Img_5610 Img_5611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の公園

海の公園のアマモ場もガラモ場も本当に楽しい海になりましたね。例年通りメバルの幼魚は多いのですが、今年はキヌバリが多いのが特長ですね。タチアマモの群落も本当に大きくなってきました。2006年ほどではないですが、イシガレイの幼魚もこの時期目立ちます。横浜港内に、アカガイとかタイラギも増えつつあるようです。なかなかいい感じです。

Img_5574 Img_5583 Img_5595 Img_5596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイサイドマリーナでアマモの移植

工事のため、一年空きましたが、今年もベイサイドマリーナの浅場でアマモの移植、アカモクの種設置を行いました。今回は国土交通省京浜港湾事務所、WAVE、東亜建設、三井アウトレットパーク横浜ベイサイド、横浜市漁業協同組合、東京久栄、金沢八景-東京湾アマモ場再生会議、海をつくる会、東京湾の環境をよくするために行動する会の協力もあり、海上で楽しくイベントを開催することができました。ベイサイドマリーナの環境も驚くほど良くなっています。影響が大きいので何が増えているかは公開できないのが残念です。

Img_5408 Img_5386 Img_0952 Img_0999 Img_1016 Img_1040 Img_1045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

江戸投網祭

誘われて江戸投網祭に参加してきました。細川流だそうです。もうひとつは土佐流とか・・・。きれいに網が拡がってました。屋形船に乗っての見学でしたが、そこへ小舟で佃煮売りが・・・。なかなかの風情でした。投網を打ってもなかなかたくさんの魚がというわけいは行きませんでしたが、それでもスズキとサクラマスが、サクラマスはキロ1000円とか、たくさんの魚が撮れることが、こういう文化を継承させていくことにつながるはずです。美しく豊かな海にしていきたいですね。

Img_5545 Img_5549 Img_5557 Img_5558 Img_5566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微小貝と鳴き砂

6月に行う体験イベントで使用する、微小貝入りの砂と鳴き砂を、高知県柏島の友人(黒潮実感センター)と京都の琴引浜の友人(琴引浜の鳴り砂を守る会)がそれぞれ送ってくださいまいた。美しく豊かな海でないと、こういう砂は泣かないし、微小貝も出ないんです。

守っていくだけでなく、きれいにしていかなければなりません。たくさんの人に行動に参加してもらいたいですね。

Img_5488 Img_5491 Img_5492

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下公園のアマモ

相変わらず、山下公園前に自然n生えたアマモが元気です。ここが大丈夫なのですから、横浜港内全部、可能性があるんですよ。

Img_5540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメも暖かくなって喜んでるみたいですね

藤の花の香りに誘われて本牧の三渓園に行ってきました。カメも暖かくなって喜んでいるみたいです。そういえば、知り合いが大黒でカメの子供の死骸が漂着したのを拾ったそうです。ここから先の海で子供のころ潮干狩りやったんですが、埋めたてられてちょっと寂しいですね。そういう場所がもっと欲しいですね。

Img_5501 Img_5497 Img_5504 Img_5519

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »