« 干潟調査ガイドブック | トップページ | 多摩川河口干潟調査学習会 »

2009年6月 1日 (月)

焼ホンビノスガイ

最近、東京湾に爆発的に増えているホンビノスガイ。いるところには写真のように底が見えないぐらいいる。スーパーでも売られ始めたし、飲み屋でも食べられえるようになってきた。これが実にうまい!出回り始めたころは、白ハマグリなどと言って売っていたが、JAS法違反になるので、最近はちゃんとホンビノスガイとして売られている。日本橋の老舗の佃煮屋さんでも扱っている。アメリカのクラムチャウダーの原材料にもなっている。サイズと色が違うので気が付かなかったが、よくよく眺めてみるとオキシジミに見た目は似ているかもしれない。おいしく食べるにはコツ(内諸)があるが、コツを知らなくても十分うまい。ぜひ、お試しあれ。

ところで、このホンビノスを食べたのが事務所の近所の飲み屋さん。ここは、抜群に魚がうまい。仕事がら、全国、魚は食べ歩いた方だが、なかなかこれだけのものを出す店はない。横浜で一番うまいんじゃないかなあ。オヤジには、忙しくなりすぎるから、紹介したり広めたりしないでくれと言われているので、場所も名前も内諸にせざるをえない。個人的にひっそりと楽しむことにしよう。

Photo_2

P5240016

|

« 干潟調査ガイドブック | トップページ | 多摩川河口干潟調査学習会 »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼ホンビノスガイ:

« 干潟調査ガイドブック | トップページ | 多摩川河口干潟調査学習会 »