« 東京湾内の流れ藻 | トップページ | かるたができました »

2009年6月 8日 (月)

富山県氷見市女良小学校

富山県の水産研究所に講演に行ったんですが、その帰りに女良小学校によって、ワカメの養殖をやっている子どもたちとお話をしてきました。この海沿いの小学校の沖にある島には、150種を超えるウミウシがいるそうで、この生息環境を子供たちが一生懸命守っています。全国でも有名なんだそうです。その研究レベルの高さにビックリです。

東京湾で行っているワカメの育成は水質浄化が主な目的ですが、ここではきちんとした水産が目的で養殖をしています。うらやましいですね。りっぱなワカメの海藻おしばを見せてもらいました。

8月にはこの子どもたちが横浜を訪れ、横浜の子供たちと活動発表交流します。若布の生長も楽しみですが、若芽の成長も楽しみですね。

Dsc09504 Dsc09502 Dsc09503 Dsc09505 Dsc09507

|

« 東京湾内の流れ藻 | トップページ | かるたができました »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山県氷見市女良小学校:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
氷見市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 09時44分

« 東京湾内の流れ藻 | トップページ | かるたができました »