« アマモの花枝採取(海の公園) | トップページ | 赤潮 »

2009年6月 8日 (月)

SCOP100

多摩川河口干潟で干潟生物調査を行いました。干潟生物の研究で有名になった東邦大学の風呂田先生の指導で、100人が100本のスコップで100地点の調査を専門的なデータとして利用できるレベルで行っていくというものです。それでスコップ100と命名されましたが、COP10とは何の関係もありません。(笑)

残念ながら100人には満たない参加者でしたが、それでも80人を超える人が集まり、一斉に干潟生物調査です。東京湾では絶滅したといわれている生物も見つかり、貴重なデータをとることができました。こうしたことはたくさんの参加者がって初めて可能なことで、少数の専門家では不可能なことです。

貴長なデータ取得に参加して下さった皆さんに感謝しつつ、この結果は、国土交通省などのHPで公開されるとともに、羽田空港拡張問題に関する環境調査データとして活用されます。

個人的には干潟の生物と戯れているだけで癒されるんですが・・・。

Img_1102 Img_1103 Img_1134 Img_1125

|

« アマモの花枝採取(海の公園) | トップページ | 赤潮 »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SCOP100:

« アマモの花枝採取(海の公園) | トップページ | 赤潮 »