« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

ダッシュ海岸

6月のダッシュ海岸は7日と14日の2週連続の放送だそうです。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

ベイサイドのアマモ

べイサイドのアマモ場。播種を続けていますが、なかなか自然には拡大しないようです。やはりもう少し人間の手が加わる必要があるようですが、船でしか近づけないので、たくさんの人がいっぺんにやるのは難しい場所でもあります。ある程度の規模で、実施することが望ましいのですが。陸から近づけるというのも大切ですね。ただし、ここの場合は違法にアサリを採取している人たちがいて、アマモを痛めてしまうのが問題でもあります。

Img_4183 Img_4184 Img_4185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野島のアマモ

野島のアマモ。分布範囲は変わりませんが、今年は密度が濃いように思います。アマモ場の中に生えないところが2か所あります。生えない理由を干潟地形を見ながら考えていただけると面白いのですが。

Img_4218 Img_4222 Img_4234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の公園のアマモ

拡がりましたね。アマモ場。ここ2年間の移植地も拡大してきているようです。

Img_4202 Img_4206 Img_4213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜技調干潟のモニタリング

毎月のモニタリング。見るたびに面白い。ここは研究フィールドなので採取は禁止です。通常アサリは1年で2cmぐらいと言われているのですが、1年で3cm以上になっているものもあります。大型のものから小型のものまで、春から秋までに産卵下ものがほぼ順調に成長しているということでしょうね。あと1か月もすれば、今年の産卵の小さいアサリが見られるようになると思います。今年は昨年と違い、羽田のアサリが大漁だそうです。羽田が良いと横浜は良くなります。昨年、大きな出水がなかったからという言う人もいますが、本当はどうなんでしょうね。

Img_0791 Img_0795

移植したアマモも順調に成長しています。3段目(±0m付近)は一面アマモにしても良いかと思います。

Img_0785 Img_0787 P5240005

川の水の影響がある水域なので、モクズガニなんてのもいます。

P5240002

貝類も産卵シーズンですね。

P5240008 P5240009

相変わらず、イシガニが多いようです。今月はシマイサキの幼魚が多数いました。他には、チチブ、アカオビシマハゼ(おなかに卵をいっぱいもっています)、ウキゴリ、ヒガンフグ、テッポウエビ、メバル。あれだけいたナマコが石の隙間に潜りつつあります。ミル(海藻)がなんでこんなに増えたんだろう。

P5240035 P5240028

今の大潮が1年のうちで一番昼間の潮が引く時です。

Img_0811

生物が多いので、ほっておくと、土中が還元状態になります。そこで、たがやして実験しています。

Img_0818 Img_0816

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干潟の環境学習

さる大学で干潟の生物のフィールド講義をやっているのですが、私が講師をやると、こんなプログラムが入ります。(笑)

今年は、海の公園も野島もイワシの群れでたいへんな状態です。きっと大型の魚たちが追いかけてきてるんでしょうね。

Dsc09430 Dsc09431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海に学ぶ体験活動協議会

CNAC(海に学ぶ体験活動協議会)の総会がありました。全国の自然体験活動をやっている団体の集まりですが、昨年、今年と海辺での安全な活動についていろいろ力を入れてやっています。海辺の安全講座。今年は全国8か所で実施する予定です。全国フォーラムは10月に小樽で実施します。また、全国の皆さんの顔を見るのが楽しみですね。

Dsc09427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

ダッシュ海岸

次回放送は6月7日が予定されています。ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニラ7

Img_0658 Img_0660 Img_0661 Img_0673

こんな感じの台所でした。日本も昔はこうだったんですよね。

Img_0675 Img_0676 Img_0677 Img_0678 Img_0680

ごちそうになった食事です。炭焼の魚は高級品です。青パパイヤのすりおろしを添えて食べます。だいこんおろしの替りですね。アオリンゴのような味がしました。沖縄のイカのスミ汁の原型のようなものがありました。(大好物)。もちろん、ノコギリガザミも高級品です。うまかったなあ!

Img_0662 Img_0663 Img_0666 Img_0667

動物たち。

Img_0683 Img_0685

多少はバテぎみでも癒されますよね。

Img_0686 Img_0690

現地の移動手段。

Img_0694 Img_0693 Img_0696

あちらにも、コシマキがありました。日本と一緒ですね。採っていたのはアサリ(たぶん?)。アサリの学名にフィリピンって入っているの知ってました?

Img_0708 Img_0707Img_0740 Img_0746  Img_0711 Img_0721 Img_0722 Img_0726

2番目に訪問したところ。違法漁業の取り締まり機関です。とにかく、竹をうまく使う人たちです。ジャックフルーツってこんなふうになるんですね。アマモ場の再生だけでなく、マングローブの植林もやってました。違法漁業者と時々銃撃戦になるとかで、なんと自動小銃つきで調査です。河口にはサヨリがうじゃうじゃ。

うれしいことにカニ釣りをやっている子どもたちがいました。当たり前の光景にようで、とうぜんおかずです。どうやら決めのポーズがあるようです。日本じゃ見なくなっちゃったなあ。

Img_0737 Img_0731 Img_0732

Img_0758 Img_0761

漁師の家に民泊しました。これが楽しい体験で。日本も昔はこうだったんだよなあ。貧困なのかもしれませんが、何と幸せそうなことか。子どもたちも元気で。失ってしまったものを実感させられてしまいました。都会って、子供の元気がないよなあ。それにしてもフィリピンの人たちのホスピタリティーの高いこと。感動的でした。

Img_0757 Img_0763

旅の最後のPRRMの事務所へ。朝食をごちそうになりました。ペントハウスで出された食事はフィリピンでは珍しい、オーガニックなものでした。長粒米の玄米をベースに。味噌汁の出汁はショウガ。インスタントラーメンまで。これもうまかった。あちらでは、バースデイパーティーで麺を食べるそうです。

Img_0773 Img_0774 Img_0775 Img_0776

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月7日:多摩川河口干潟生物調査参加者募集

皆様

 6月7日に多摩川河口干潟(神奈川県側大師橋下流側)において、東邦大学の風呂田先生に学びながら、干潟生物調査を行います。参加者を募集していますので、ぜひ、ご参加ください。

 また、これに先立ち、5月30日には、大師河原干潟館において、干潟生物の勉強会を開催します。これも併せて参加者を募集しています。

詳細は添付のチラシのとおりです。参加をお待ちしています。

「tamagawa3.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月6日海の公園でのアマモの花枝採取参加者募集

皆様

 今年のアマモ場再生のためのアマモの花枝(種子)を横浜市金沢区海の公園で行います。参加者を募集していますので、ぜひご参加ください。

 案内は添付したチラシのとおりです。

「3.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月20日 (水)

マニラ6

Img_0649

一応、保護区になっているようです。

Img_0648

調理は炭でするようですが、干してから使うそうです。

Img_0652

イカを採るためのカゴだそうです。

Img_0657

津波注意の看板。でも津波が来るという情報を得る手段がありません。

Img_0656

この村のメインストリート、わずか数100m。当然、さびれた映画館や、バーもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニラ5

Img_0645

浜から船を出したはいいものの、いきなりエンジンが故障、しばらくの漂流。代わりの船が来るまで、しばらくの休憩。さて、調査かと思いきや、調査地の前の村長や漁師のリーダーに挨拶をしなければなりません。とうぜん、メシを食っていけという話になります。いつになったら調査が始まるのでしょう。まあ、海外へいくとこんなもんです。

Img_0647

村によって船の色が違います。沖は入り合いで地先は、村の権利だそうです。日本と同じですね。そのために村毎に舟を色を変えているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニラ4

Img_0700 Img_0639 Img_0641

仕事なんですが何かにつけて、家族全員で舟に乗ってきます。じいさん、ばあさん、息子夫婦、息子の兄弟、孫たち・・・・。一家でこういうのもなかなかいいなあと思えました。

船を隣をゆったりと10mぐらいのジンベエザメが泳いでいました。(初ジンベエ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニラ3

Img_0624 Img_0636 Img_0637

こういう漁船を使いました。現地の漁師はこんな硬い板をはいて潜ります。ちょっと潜るとすぐにこんなものがありました。日本と同じタイラギですね。驚いたことに、コンプレッサーからホースをひき、そのままホースを咥えて潜っている漁師がいました。レギュレーターも使いません。神業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニラ湾2

予定地の近くの健全なアマモ場も見に行きました。南で見られるアマモがほぼ全種類ありました。こういうエコツーリズムをやってもいいですね。今回をきっかけに現地ではこの保全活動をやりながらトレーニングセンターを建設し、エコツーの受け入れとオーガニックな食材を提供できる「アマモ・カフェ」もつくるそうです。(笑)

Dsc00004 Dsc00009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニラ湾のアマモ場再生

草の根援助運動というNGOのお手伝いで、マニラ湾のアマモ場再生のための調査に行ってきました。現地の受け入れNGOはPRRM(Philippine Rural Reconstruction Movement)というところです。現地の漁師と一緒にマニラ湾の環境再生活動をしていこうというものです。海外で活動する人たちとも仲間になれてうれしかったです。こんな海岸でした。

Img_0590

Img_0593 スナガニの穴がたくさん。

Img_0595

アダンの実が落ちていました、沖縄のものよりサイズがでかかったです。どう見てもウルトラマンの実ですよね。

Img_0591

現地の漁師のリーダーとNGOメンバー

Img_0602

ちょうど船おろしをやってました。日本円で1隻30万円ぐらいだそうです。当然、神主さんではなく、神父さんです。

Img_0629 Img_0634

現地の市長もたいへん熱心でした。

Img_0611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草

夏に向けて、今の時期はドジョウ鍋ですね。土のものを食べるとミネラル分の補給で、体にいいんじゃないでしょうかね。

Dsc09371 Dsc09372 Dsc09373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盤州里海の会

盤洲の海苔漁師金のり丸さん、つぼや丸さんに、干潟を耕す道具や海苔の棒立ての道具をお借りしました。干潟を健全に保ちながら関わっていく方法をいろいろと考えていきたいと思っています。

Dsc09378 Dsc09386 Dsc09387

きんのり丸さんの好物の鉄砲巻をごちそうになりました。卵味噌だそうです。

Dsc09381

夏をすずしく過ごすため、古い海苔網もいただきました。これを屋根からつるし、ゴーヤでも植えてみようと思います。

Dsc09379

きんのりさんが海苔を休むというので、多くの人が心配していると思います。励ます会をやりましたが、励ましたんだかなんだか分からない宴会になってしまいました。JEANの小島さんのおみやげの泡盛です。

Dsc09384

翌日はつぼやさんのテレビ取材のお手伝いで、スダテをやらせてもらいました。いつ行っても楽しいですね。今年は予約でたいへんだそうです。

Dsc09415 Dsc09416 Dsc09417 Dsc09418 Dsc09419

強い南風の翌日はスダテにウナギが入るそうです。小櫃川のうなぎですかね。

Dsc09420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パタゴニアの移植会

パタゴニア横浜ベイサイドアウトレット店の主催によるアマモの移植会が野島で行われました。パタゴニアは2年連続での移植会になります。今年は、森の活動、川の活動、海の活動と連続した環境活動への参加だったようで、森・川・海がつながった活動を展開していくことで、それぞれの活動の成果が出やすくなることを、参加者の皆さんにお伝えしました。これで、前年度に作成したアマモの苗の移植はすべて終了しました。今年度は6月6日の海の公園での花枝採取からスタートです。また、たくさんの人に東京湾を美しく豊かにしていくことに参加してもらえたらうれしいですね。

Dsc09362 Dsc09364 Dsc09365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロータリークラブでアマモの移植会

ロータリークラブ主催で海の公園でアマモの移植会がありました。我々がお手伝いしながらやっていただいたのですが、いろんな団体が実施することで、多様な参加者がアマモの活動に触れる機会が増えます。こうした、仲間が増えていくことはありがたいことですね。

Dsc09328 Dsc09341 Dsc09333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

その後のダッシュ海岸

作り始めたダッシュ海岸。一月が経過し、さてどうなったでしょうか?放送は5月10日19:00からです。お楽しみに!生き物がいっぱいになってくれるといいですね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

赤潮でいっぱいですが

これだけ雨が降った後、晴天になるともう赤潮でいっぱいになっちゃいますね。でもある意味、恵みの雨でもあるんですよね。その恵みの雨であるはずの水に、いろんなものが運ばれて海に来てしまうので・・・・。潮干狩りの後の海も濁りでものすごいことになっちゃうんですが、通常であれば、今の時期の海は新しい生命に満ち溢れていて、楽しいんですよ。潮干狩りを楽しみながら、ちょっと海の中を覗いてみてください。楽しいですよ!

Dsc09291

アマモも花枝が伸びてきて、花を咲かせる準備ができてきます。黄緑色が鮮やかなのがアマモの花枝です。

Dsc09294

こんな場所に稚魚がたまっています。

Dsc09306

魚の観察は箱メガネでも十分できます。

Dsc09311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかなあ

先日、酒田横浜合同で、ザよこはまパレードに参加してきましたが、その様子が、庄内空港HPの祭のところにアップされています。

 よろしかったら、ご覧ください。あー、恥ずかしい。

http://www.shonai-airport.co.jp/blog/sakatamatsuri/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

第57回ザよこはまパレード

以前から交流のある山形県酒田市の酒田みなとまちづくり市民会議やNPO極楽鳥海人との連携で、一緒にパレードに参加しました。横浜側からの市民活動団体だけの参加協力ではなく、千葉側からの参加もあり、たいへん盛り上がりました。横浜港開港を勝海舟に進言したのが、当時、新橋横浜間の鉄道を開通させた、佐藤政養という山形県遊佐町出身ということから、さらに、横浜港開港150周年と酒田開港400年を併せてお祝いしようということで、行いました。何と、佐藤政養役をやらされ、とんでもなく恥ずかしい思いをしましたが、それでも楽しむことができました。こうした交流は、今後も続けていきたいものです。

38c6234c C4c1607c Dsc04762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »