« 海の公園のアサリ | トップページ | 夢ワカメ・ワークショップ »

2008年12月 1日 (月)

汽車道でアマモ実験

かつて汽車道脇で横浜市がシーブルー事業(海を美しくしようとする試み)を実施し、私が市民活動を行うきっかけともなった場所ですが、このたび、横浜市港湾局と国土交通省横浜港湾空港技術調査事務所との3者協働で、アマモの移植実験が開始されました。粘土による種子の播種、栄養株の粘土法による移植の二通りの方法で実施しています。思った以上にカキガラが多く、アマモにとっては厳しい環境かもしれませんが、成長を見守りたいと思います。桜木町駅を下車し、日本丸脇から新港埠頭(ナビオス)に向けて海の中に道がありますが、その道の途中、最初の橋を渡り、左側の見ていくと木がありますが、ちょうどその前あたりです。通りかかった方は覘いてみてください。

Pb270022

|

« 海の公園のアサリ | トップページ | 夢ワカメ・ワークショップ »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汽車道でアマモ実験:

« 海の公園のアサリ | トップページ | 夢ワカメ・ワークショップ »