« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

釧路のハナワ?

網走の帰り、列車で釧路へ移動し、釧路港の見学をさせていただきました。防波堤に藻場造成をやっている箇所があると聞いたからです。残念ながら潜水見学は適いませんでしたが、それでも映像で生い茂ったコンブの様子を見せていただきました。驚いたのは、そこに写っていたハナサキガニの子供の群れです。でも、なぜなんでしょう。浅い海と深い海のそれぞれの役割。考えてみると面白いですよね。生物の生活史で必ず何かのつながりがあるはずです。チャンスがあったら潜水観察にもチャレンジしてみたいと思います。

ところで、釧路への列車移動中に列車がシカとぶつかり、安全確認のためしばらく停車してました。我々には驚きだったのですが、地元の方々は平然としていました。よくあることらしいのですが・・・。そう言えば釧路まで行って湿原wの見学までは時間がありませんでした。残念。知床もそうですが次回のお楽しみです。

釧路には「ハナワ」のようなビルが建ってました。有名な建築家のデザインだそうですが・・・。私にはハナワにしか見えませんでした。

釧路で魚貝類と言えば「和商市場」。ちょっと贅沢をしてしまいました。

もうひとつ、教えてもらった「さんまんま」。うまかったです。Pa300099

帰りに空港で念願だった「ジャガポックル」入手できました。うまかったです。Pa300105

何か食う話ばかりになってしまいました。

Pa300062 Pa300098 Pa300063

| | コメント (0) | トラックバック (1)

網走のカニそしてシラウオ

網走で早朝に街をぶらぶらしているとカニの水揚げに出くわしました。このすごいこと。網走では、久しぶりに漁師が儲かっているという話を聞きました。最近、聞かなくなってしまった話ですが、豊かな海を保全していくことってやはり重要ですよね。きちんとした海辺の生活文化が残されていきます。船の上にタコツボらしきものが載ってましたが、こんなに巨大なタコツボって初めて見ました。さて、帰り際にスーパーで買ったシラウオ、列車の中で食べながら呑んだのですが、これがもう絶品。網走でしか食べられないんですよね。(写真はすでに昆布しょうゆがかかっています。)食べると言えばハタハタ。ハタハタってこんなにでかい魚だったけ?と疑ってしまいました。

一緒に海に潜った仲間が、網走の海水はおいしい。出汁が出ているなどと言ってました。(笑)う~ん、あながち嘘とは思えないんですよね。これが。

Pa290018 Pa290019 Pa290020 Pa290021 Pa280016 Pa290054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走の流氷

網走では流氷博物館にも行ってきました。今までは、私のかわいい魚ベスト1はギンポだったのですが、今回見たナメダンゴとフウセンウオは、ベストかもしれません。

Pa290051 Pa290052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走のサケ

さてその網走ですが、驚くべきサケの遡上を見学させていただきました。こんなにうじゃうじゃと登るものなんですね。工藤さんは、海にサケ釣りに出かけたのですが、何と80cmもあるメスを釣りあげ狂喜してました。誤解されないように書いておきますが、見学したのは川で、釣ったのは海です。

07102830 Pa280009 Pa280006 Pa280010 Pa290032 Pa290034 Pa290031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走のアマモ

網走の方々のご厚意で、能取湖のアマモ場を見学させていただきました。ものすごい景観のアマモ場で、やはり何でも見て見ないと分からないというのが率直な感想です。広葉樹林帯があり、その先にサンゴ草の群落がある。その先に干潟があって、さらにコアマモの群落がある。その先にアマモの広大な群落があり、その先にスゲアマモの群落があるといった見事なエコトーンが形成されています。サンゴ草のみが有名なのですが、やはり、このエコトーンがあって機能しているのだと思われます。それにしても、アマモの群落にホタテがごろごろしている光景や、アミエビが大量に湧いている光景は、本当の豊さを感じさせるものでした。ぜひ、大切にしていってほしいを思いました。

今回、網走へ見学に行くにあたって網走の多くの方にお世話になりました。特に船からタンクの用意までしてくださった島田建設の方々には本当にお世話になりました。船の上に用意してくださってあったジェットヒーターには感動しました。この場でお礼を申し上げたいと思います。

網走、釧路と回ってきましたが、ぜひまた伺いたいと思います。何か地元の方々のお役に立てるように考えていきたいと思います。この写真は新海辺を歩く人、アマモ場再生、魚河岸のアルバムで順次掲載していきます。

Pa290001 Pa290008 Pa290023 Pa290033 Pa290035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

環境マップをつくろう

昨日、小学校へ出前授業に行ってきました。地域の海をもっと好きなり、もっと大切にしてもらいたいとの願いからです。当会の菅家さんを中心にしたグループで実施してきました。そういえば小学校のカレーってこんな味だったかなあ。もう記憶のかなたになってしまいました。最近はあまり歌わないようですが、横浜市の歌は森鴎外作詞の港の歌です。ことあるごとに、この歌を歌わせられましたが、「横浜市は港である。」というのは、こういうところから刷り込まれたのだなあと感じます。誇りに思えるような海の環境を持つ、横浜港にしていきたいものです。

Pa240004 Pa240018 Pa240017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

山下公園海底清掃大作戦

昨日、海をつくる会主催の「山下公園海底清掃大作戦」に参加してきました。300人を越す大きな環境イベントとなりました。今回はいろいろなコラボがあり、同じゴミ広いの活動でも、釣りの人たちなどいろいろな広がりがあって、有意義な日になったのではないでしょうか。ゴスペルあり、フラダンスあり、ベリーダンスあり、植樹のイベントありと山下公園海底清掃大歌合戦?という感じもまたなかなか良いものです。今年も海猿(海上保安部ダイバー)の協力もありました。すでに報道ではご覧いただいているかもしれませんが、海底のゴミから拳銃と実弾がでてきてしまいました。このため、報道の種類が本来の趣旨からはずれてしまったのが残念です。こんなゴミ、勘弁してほしいですよね。(今年はガラスビンのゴミが多いのが特徴でした。)ところで、最近、こういうダイバーの移動手段があります。はやったりして(笑)

Pa210017 Pa210022 Pa210025 Pa210029 Pa210030

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月19日 (金)

ベンズ?それとも痛風?

ダイバーの皆さんは潜水の後、飛行機に乗ってはいけないのは知ってますよね。2m程度だから良いだろうとたかをくくって飛行機に乗りました。目的地へついて、食事をしたとたん足の関節がむずむず。でも良く考えたら魚卵の食べすぎ。ベンズではなく、たぶん痛風でしょうね。イクラ大好き。Img_13951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

わかっちゃいるけど

わかっちゃいるんですが、解説されたくはないですよね。

酒造メーカーで利き酒体験をさせていただきました。

Pa150073

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サケの採卵

酒田でサケの採卵の見学をさせていただきました。「おいしそう」と思ってしまうのって、私だけでしょうか?

Pa140025 Pa140030 Pa140033 Pa140041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒田

酒田の極楽鳥海人とのコラボで、アマモ場再生活動の話と自然体験活動(スノーケリング)について意見交換を行うフォーラムをやってきました。サケの採卵場を見学させていただきましたが、いい体験をさせていただきました。海辺を歩くのアルバムに写真を掲載します。

Pa140066 Pa140068 Pa140062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野島のアマモ(10月13日)

定例の野島のモニタリングを行いました。アマモの衰退期に入っているため、株密度は下がってきていますが、ほぼ例年どおりと言ってよいと思います。今回はタツノオトシゴ(サンゴダツ)やトゲヨウジウオがいたのが特長的でした。トゲチョウチョウウオも見られましたが、この時期には良く見られます。11月3日には柴漁協でアマモの播種イベントが行われます。漁協が地魚の試食会も行われます。ぜひ、ご参加ください。

Sany0047 Sany0050 Sany0058 Sany0060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

多摩川河口ハゼ釣り調査(10月6日)

多摩川河口にて、船宿「かみや」の協力で遊漁船3隻に乗り込み、ハゼなどを釣って多摩川河口の環境の変化を調査するイベントが行なわれました。昨年に続いて2回目でしたが、今年は河口よりは上流側でけっこうな量のハゼが釣れました。地元の方々も多く、地元の環境保全活動団体の地域パートナーシップセンターの方や、盤州里海の会からも参加があったりで、充実した活動になったと思います。なぜか、いい形のガザミやツバクロエイが釣れたりしましたが・・・。終了後、意見交換会を行いましたが、東京湾が豊かに美しくなっていくようにがんばっていきたいですね。今後も、こうした方法で環境の変化を見ていこうと思います。

Dsc08954 Dsc08959 Dsc08963

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマモ場再生報告会(10月1日)

3か月に一度、横浜市漁協柴支所で横浜沿岸のアマモ場再生を中心とした自然再生活動の報告会がありました。今回は9月21日に撮影したアマモ場の映像を中心に、神奈川県からはアマモ場へのマダイ放流の話などがありました。美しいアマモ場とそこに群れる魚たちの姿に、皆さん感嘆の声をあげてくださいました。

Dsc08937

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

神奈川県の放流マダイ

神奈川県が野島と海の公園のアマモ移植地にマダイの稚魚を放流しています。ビデオで撮影したのですが、切り取ってpdfにしてみました。元気に大きくなってほしいですね!

「madai.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

田中さんのタッチングプール

ふるさと東京を考える実行委員会の田中さんがやっている、タッチングプールのイベント(みなとみらい臨港パークにある潮入りの池)に参加してきました。いつもながら、なかなかお目にかかれないおいしそうなタッチングプールでした。ちょうど、タコが産卵してくれたので面白かったです。

Dsc08920 Dsc08922 Dsc08932 Dsc08936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »