« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月26日 (木)

干潟の自然体験活動リーダー養成講座(10月25日)

盤洲干潟で「干潟の自然体験活動リーダー養成講座」(CONEリーダー)を行いました。

風は強かったですが天気も良かったので、盤州里海の会のログハウスを利用させていただきました。こういうログハウスって、こういうことにうってつけですね。

いつまでも、存続させてもらいたいですね。

Dsc06439

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月24日 (火)

ホシザメのその後

ハゼ釣り調査で釣れたホシザメを持ち帰った諏訪部さんがお料理講座のような写真を送ってくださったので、紹介します。こうやって見るとおいしそうですね。写真は全て諏訪部さんの撮影です。

Pict0001 Pict0002 Pict0003 Pict0004 Pict0005 Pict0006 Pict0007 Pict0008 Pict0009 Pict0010 Pict0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川河口ハゼ釣り調査(10月22日)

多摩川河口でハゼ釣り調査を行いました。羽田空港の拡張工事は決まりましたが、一般の人たちにも楽しまれている手法でハゼの資源量を継続的に見ていこうとするのが目的です。68人の参加者があり、残念ながらハゼ自体はあまり釣れませんでしたが、貴重なデータになったことと思います。あまり釣れなかったハゼですが、その貴重なハゼを釣ったのが子どもで、大人の面子まるつぶれでした。その子が、竿頭賞をとりました。また、MVP(外道の中で印象に残ったものを釣った人)賞は、何とホシザメを釣りあげました。

そのホシザメのその後は別ブログで紹介します。

Img_1769 Img_1785 Img_1792 Img_1793 Img_1821 Img_1823 Img_1826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

盤洲のアサクサノリ

今、盤洲で自然体験活動のリーダー養成講座をやっています。盤州里海の会の皆さんの御好意で、盤洲干潟の満潮時にスノーケリングで観察をする手法も取り入れました。

ちょうど、10月20日に講習を行っていましたが、盤州里海の会の代表の金萬さんが、アサクサノリを作っているところを見学させてくれました。

海苔網を入れて間もないのですが、しっかりと確実に伸び始めています。金萬さんが少し食べてみたらと言ってくれたので、少しだけフライングさせてもらいました。柔らかく、ほのかに香る、海苔の香り、なんとも言えません。できあがるのが楽しみです。というのも、今年は、出資(参加)者を募り、アサクサノリの育成をしているのです。一口8000円の参加費を払うと、できあがった海苔と等価交換してくれることになっているのです。私も二口参加しているので心待ちにしています。(盤州里海の会でまだ募集しているはずです。)

ところでそのアサクサノリですが、先日、盤州里海の会の金萬さんと実形さんから面白いお話を聞きました。

海苔養殖をやっている漁師でも「手ぐせ」(漁師さんによって違う長年の感と技術)が違うので全員が同じようにできるわけではないという話です。たくさんの漁師がアサクサノリ作るのは、そのつくることの難しいというリスクを分散させることにもなります。やっぱ漁師ってすごいです。

幸い、私も手癖が悪いといわれるような人生はやってこなかったつもりですが、もし私が似非漁師として海苔でもやろうものなら、きっと「手癖が悪い」って言われちゃうんでしょうね。

Dsc06384 Dsc06386 Dsc06388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

多摩川河口ハゼ釣り調査をやります

10月22日(日)多摩川河口で、ハゼの資源量を見るため、一般参加者を募り釣り調査を行います。羽田の空港は拡張が決まりましたが、工事着手前にきちんとデータとして残し、継続的に状況を追っていこうとするものです。終了後はハゼのテンプラを食べながら(別途有料)意見交換会も行います。参加費は無料です。釣竿、仕掛け、餌も支給します。20日の夕方まで参加者を募集しています。よろしかったらご参加ください。

詳細は以下のファイルをご覧ください。

「hazeturitirasi.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東神奈川の生き物たち(10月19日)

横浜港湾空港技術調査事務所の干潟実験地のモニタリングを行いました。

チチブやアカオビシマハゼも様々なサイズがいます。世代交代もうまくいっているんでしょうね。干潟にカキがはびこりだしました。しばらく様子を見て、少しいじったほうがよくなるのかもしれません。

ところで、今、ヤドカリが元気です。ヤドカリどうしがケンカしていましたが、片方が貝から引きづり出されていました。「表へでろ!」とでも言ったところでしょうか。家となる貝が少ないのか、勘違いして陸上のカタツムリの貝を背負っている奴までいました。超軽量住宅ですね。

Pa190011_1 Pa190013_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

アマモの播種イベントを行います

11月3日10時から横浜市金沢区ベイサイドマリーナにある横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツのクジラの噴水広場で、また翌日の11月4日10時からは、横浜市金沢区に柴漁港にて、アマモの播種(種まき)イベントを行います。ぜひ、ご参加ください。

B5 B5 B5_1 B5_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海辺の達人養成講座in盤洲

盤洲干潟を舞台に、海辺の達人養成講座を実施しました。

オーシャンファミリーの海野さんと一緒に講師をしましたが、ゲスト講師には東邦大学の風呂田先生、ふるさと東京を考える実行委員会の田中さん、盤州里海の会の金萬さんをお招きし、たいへん充実したプログラムになりました。参加者の皆様、お疲れさまでした。

今回は、盤州里海の会の協力のお陰で、スノーケリングプログラムを取り入れることができ、盤洲干潟でスノーケリングをしているという、たいへん感動的な写真がとれました。

つぼや丸の実形さんのお陰で、なんと、ボートダイビングで膝水深のところへ行くという、奇跡的なプログラムになりました。(楽しかったなあ!)

Dsc06271 Img_1649 Img_1665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和船体験

ワンパク大学の子どもたちが乙鞆丸に乗りにきました。

子どもが乗ってくれると乙鞆丸もうれしそうです。

もちろん大人も楽しみましたが・・・。

Dsc06217 Dsc06218 Dsc06230

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夢ワカメワークショップ

今年の夢ワカメワークショップですが、アッという間に定員に達してしまいました。遅れて申し込まれた人にお断りしなければならないのが辛い気持ちでイッパイです。それだけ多くの人が海の環境再生に参加しようとしてくれていると思うと泣けてきます。もっと、いろいろな参加機会をうまく紹介できると良いのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月7日野島のモニタリング

野島のモニタリングを行いました。(発信が遅れてごめんなさい。)

夏場の衰退期を無事越してくれたようです。今月は、ウミタナゴとメバルが数百匹も群れでいたことです。かつて、この場所で、こんな群れを見たことがありません。一定面積を越すと加速度的に効果がでてくるようですね。そういえば、アオリイカの産卵水深(産卵するアマモ群落の位置)も毎年似たようなところのような気もします(?)。その他の写真はアマモのアルバムのほうでご覧ください。

Pa070012 Pa070025 Pa070003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »